モチーフの種類(葉・果実編)

①モンステラ

葉の中にたくさん穴がある植物です。穴は葉脈と葉脈の間にあります。

葉の中に小さな穴がたくさんあいているその見た目がチーズの穴に似ているため、英名ではスイス・チーズ・プラントと呼ばれています。花が咲いた後、細長い実をつけます。その実は熟するのに12~14カ月かかりますがそのまま食べられます。味はバナナとパイナップルを合わせた味がするようです。

南国と言えばまず思い浮かぶリーフではないでしょうか。プリント生地のデザインによく使われる日本でも人気のある植物です。

②マイレ

伝統的なレイの素材で、古来より王族から庶民まで親しまれてきた植物です。マイレには神秘的な力が宿っていると信じられていて、特にラカ(フラの女神)に捧げられる神聖な植物とされています。

葉はバニラのようなよい香りが数週間続きます。葉は長さ1~6cm、幅0.8~3.5cm、緑色で光沢があります。花は小さな筒状で先に黄色の花がつき、果実はオリーブに似ています。

自然の中で自生している姿は地味であまり目立ちませんが、広い地域のあらゆる種類の森で生育している植物です。

③ウル(和名・パンの木)

木は高さ10mにまで育ち、実は直径約20cm、重さは4㎏以上になります。

特徴のある葉や丸い実の形はハワイアンキルトによく使われる人気のモチーフです。

実は栄養価が高く、熟すと「ポイ」という主食になります。木の幹からはサーフボード、ポイを作る台、フラのドラムなどが作られ、樹液は糊としてカヌーの板の継ぎ目を埋めるなどに使用、葉は木製の皿やククイナッツの艶出しに使用されるなど、人々の日常に欠かせない植物です。

④ココヤシ

ハワイには約11種類ものヤシがあり、街路樹や海岸沿いに植えられています。ヤシの葉はモンステラと同様に南国の植物の象徴として日本でも親しまれています。

扇状の葉や手のひらのような形で垂れ下がった葉が付くヤシは、帽子を編んだり団扇代わりに利用されてきました。

中でもココヤシは利用度の高いヤシで、木の幹は建築材料としてはもちろん、食器やカヌーの材料、フラのドラムなどが作られます。ココナツの実からは、飲用になるジュースやココナツミルク、ココナツオイルなどが作られます。
殻は食器などに使用、繊維の部分はたわしに使用されるなど人々の日常には欠かせない、とても有用な植物です。

⑤ラウアエ

シダの一種でハワイ全島の雨の多い場所に繁殖していてバニラのような香りを放ちます。

レイの素材によく使われています。若い葉に胞子はありませんが、古い葉には胞子がたくさん付いていて、それによって皮膚炎をを起こすことがあるので古い葉はレイには使われません。

⑥パラパライ

シダの一種で、湿度が高く日陰の多い場所に生息しています。

英名ではレース・ファーンと呼ばれているように、レースのような繊細で細かな葉をしています。葉の長さは70~100cmほどになり、明るい緑色でとても香りが良いです。

フラの世界では、フラダンスの女神ラカへの捧げものだったとも、火の女神ペレの妹ヒイアカが身に着けていたともいわれています。レイを作る時もレフアの花とともに使われます。

⑦ティ

幸運を呼び魔除けの効果があると言われています。高さが約3mありハワイの至るところで見られます。

葉は食べ物を包んだり、藁葺き屋根の材料、フラダンス用スカート、レインコートやサンダルに使用されてきました。レイにもよく使われ、ハワイの人々にとっては生活に欠かせない植物になっています。

⑧タロ(タロイモ)

蒸したタロイモをつぶしペースト状にして発酵させたものを「ポイ」といい、ハワイの人々の主食として食べられてきました。

栄養価が高く消化も良いので離乳食としても利用されています。

⑨パパイヤ

木はかなり高くなりますが、栽培するには3mくらいの高さにおさえて育てます。

花は良い香りを放ち、クリーム色、ピンク色をしています。果実は実の色が山吹色になると完熟のしるしでやわらかく甘くなります。また熟していない青い実はグリーンパパイヤと呼ばれサラダとして食べられます。パイナップルに続いてハワイを代表するフルーツです。

⑩パイナップル

ブラジルが原産国。ハワイに入ってきた当初は表面にトゲがあり栽培は進みませんでしたが、トゲのない品種が発見され、19世紀のはじめにオアフ島、マウイ島で栽培、20世紀になるとハワイ全島で栽培されるほどの一大産業に発展しました。

幹の高さは約1~1.5m、果実となる部分から薄紫色の花が咲きます。花は約3~5㎝。黄色い果実は甘く、日本はもちろん世界中で愛されているフルーツです。

ハワイのオアフ島に行った時、一面に広がったパイナップル畑は今でも忘れられません、パイナップル畑なんて日本では見られないですよね!?ジュースも美味しかった♡

コメントは受け付けていません。